手作り結婚指輪の問い合わせから完成までの流れ

これから結婚をする方へ!うまくいく夫婦の特徴を知っておこう

  • お互いのプライベートを尊重する
  • できるだけ隠し事をしない
  • 子どもができても2人の時間を作る
  • 相手側の家族と仲良くなる
  • 共通の趣味をつくる

結婚するなら結婚指輪で人気の素材TOP3を調査

no.1

プラチナ

結婚指輪で一番人気の素材が「プラチナ」です。結婚指輪素材の定番といってもよいでしょう。白銀色の光沢があり、変色や変質に強いことが特徴です。また、希少性が高いため一生の愛を誓う結婚指輪にはふさわしいと考えられています。

no.2

ゴールド

結婚指輪の人気素材ランキング第2位は、「ゴールド」です。ゴールドは昔からジュエリーに使われている貴金属です。ホワイトゴールドやピンクゴールド、イエローゴールドなどいくつかの色合いから好みのゴールドを選ぶことができる点も魅力です。

no.3

ステンレス

ゴールドの次に人気の素材が「ステンレス」になります。錆びにくく丈夫なことがステンレスの一番の魅力です。また、リーズナブルな値段で購入することができるので、結婚指輪の価格をおさえて新婚旅行などに費用をかけたい方にも向いています。

手作り結婚指輪の問い合わせから完成までの流れ

リング

まずは問い合わせ

理想の夫婦像を目指して結婚をするなら、ひとつの準備として結婚指輪を作っておきましょう。手作りの結婚指輪を作るときは、始めに手作り結婚指輪のサービスを提供している工房やアトリエに問い合わせをしましょう。アトリエによって得意とする製作手法や見積もり金額は変わります。そのため、アトリエ選びは非常に重要です。複数のアトリエを事前に調べておくようにしましょう。

打ち合わせ・デザイン決め

アトリエへ問い合わせをして予約をすると、予約日にアトリエに訪問し打ち合わせやデザイン決めを行います。「手作り結婚指輪を製作したいけど全くイメージがわかない」という方も、打ち合わせでは経験豊富な専門スタッフが優しくサポートしてくれるので安心です。デザイン決めは手作り指輪製作の行程の中では最も重要な要素になります。デザインは妥協をせずに時間をかけて二人の理想の形を具体化していくようにしましょう。

製作開始

デザインが決まればいよいよ製作開始です。結婚指輪の製作方法として代表的なものには彫金技法と鋳造技法の2つがあります。彫金技法は、金属を叩いたり曲げたりして指輪を作っていく製作方法で、鋳造技法はワックスを削って指輪を作る製作方法です。鋳造技法の方が自由度の高い指輪作りが可能です。手作り指輪は製作を職人に任せるフルオーダーと違い、結婚指輪をつける二人が自身で指輪をつくっていく点が大きな魅力といえます。

製作終了・最終確認

二人で作った指輪を最後に職人が細かな点を修正して仕上げを行います。修正が終われば結婚指輪は完成です。完成したあとは二人で指輪に不具合がないかを確認します。不具合がなく納得した出来であれば、全ての行程は終了です。世界に1つだけの結婚指輪を手に入れましょう。

広告募集中